外国人人材紹介サービス

外国人人材の魅力

優秀な人材を確保

近年日本では、少子高齢化の影響で若い人材の減少が加速しています。外国人人材の雇用は、社会全体の人材不足の解消へとつながります。

また外国人にとって習得難易度の高い日本語を学習し、母国を離れて日本で働きたいという人材は、優秀でバイタリティに溢れています。

上記の様な優秀な外国人人材が日本出身の社員のマインドに影響を及ぼし、企業活力の再活性につながるケースも多く見られます。

グローバリゼーションへの対応

言葉や文化が違う外国人人材を雇用することで、日本式の固定観念にとらわれない新鮮なアイデアを取り入れる事が出来ます。

海外進出を視野に入れる際、現地の言語や習慣などに習熟する人材を雇用することにより、日本人では難しいマーケティングもスムーズに進めていくことが可能となります。

また外国人人材を雇用することは、企業のダイバーシティ戦略において、非常に重要なウェイトを占めています。

弊社紹介事業の強み

独自のネットワーク

日本で働きたい外国人は実は多く、そういった人材を大勢抱えている各国の機関(語学学校や、技能実習の送り出し機関など)と連携しているため、豊富な人材情報へアクセスすることが可能です。

確かな技術・日本語力を持つ人材

日本での技能実習を終えた人材は、特定領域の技術を習得済みで、日本文化への理解もあるにもかかわらず、ビザの都合で帰国してしまいます。そういった人材を国内に留めるため、ワンステップ先にある「特定技能」という資格へ切り替える資格があり、弊社はその登録支援機関として登録しております。

あくなき可能性の追求

多くの成功実績を持つキャリアコンサルタントによる徹底したリサーチ。採用企業と人材、双方の可能性を追求し続けます。

高度人材・特定技能とは

弊社は、外国人人材の中でも「高度人材」や「特定技能」といった資格保有者の紹介を得意としております。

高度人材

知識や技術をもった優秀な外国人を国内で受け入れるための制度で、職歴や学歴などをポイント化し、一定ポイント以上を持つ人材のみが「高度人材」として在留資格(ビザ)を取得できます。つまり、有資格者であるということは、その専門性を認められたということでもあるので、優秀な外国人を採用したい企業にとっては、資格の有無が候補者を絞る上での指標となり得ます。

弊社は、インドの現地大学、インドや日本にある日本語学校と提携しており、IT系/電気系/機械系/ロボット系などの優秀なエンジニア100名以上を、日本企業にご紹介してきた実績があります。

特定技能

外国人技能実習は、本来日本で得た技術を母国で活かしてもらうことを目的とした制度ですが、日本の賃金や待遇の良さなどから、そのまま日本で働きたいと考えている実習生が多くいます。彼らは、既に日本で働いた経験があるため、日本で必要な技能/日本語能力と、日本文化への理解があります。

こういった方々を、「特定技能」という在留資格(ビザ)に切り替えることで、実習で培った能力をそのまま日本で活かしてもらうことが可能で、弊社はその支援を行っています。

技能実習期間の満了が近づいており、帰国することなくそのまま特定技能に切り替えるパターン(図の①)や、実習期間終了後にやむを得ず帰国してしまった方が、特定技能資格を取得して再度日本で働くビザを得るお手伝い(図の②)も行っております。特に②については、彼らを技能実習に送り出した現地の支援機関へのアクセスが可能なため、多くの人材をご紹介することが可能です。

紹介の仕組み

紹介フロー

※ミスマッチを可能な限り防ぐため、複数回の面接をお願いしております。

実績

年度業種人数
2019年ITプログラマー9名
機械製造 CADオペレーター8名
経理1名
プラント配管 CADオペレーター2名
2020年ITプログラマー4名
機械製造 CADオペレーター5名
ロボット製造 機械設計9名
経理4名
通訳2名
マネージメント1名